交通事故で被害に遭った場合の示談交渉

交通事故被害に遭った場合の示談交渉


交通事故の示談は難航することもしばしばです。
加害者、被害者の言い分が違っていることや、
そこに保険会社が入ることでより複雑になることもある為です。
特に被害者になった場合、弁護士に頼んだほうが良いことが多いのです。
理由は明確で、交通事故に遭うことは滅多に起こることではない為
、一般的に正しい処理知識を持っている人が少ないためです。
加害者側は保険会社が守ってくれても、被害者側は1人です。
治療が必要な体の状態に陥った中、不慣れな示談を行うのは困難な上、
保険会社の言い分のままにサインをすれば不十分な示談額で終わってしまうことも多いに考えられます。
保険会社側からすれば、できる限り支払金額を抑えたいと考えるので、
当然起こりうる事態です。
弁護士に依頼をすれば、適切なアドバイスを受けられる上に加害者や保険会社との交渉を代理してくれるので、
面倒な手続きから解放され、さらに保険会社も無理を言ってくることはありません。
その間精神的な負担を軽くし、治療に専念できます。
また、弁護士に頼んだほうが良いその他の理由としては、お金の問題も関わってきます。
まずは受け取ることができる賠償額が増額になることがあります。
正しい知識を持った弁護士が間に入って交渉を進めてくれるので、
保険会社の提示する金額よりも実際に多く受け取ることができるケースがあるのです。
また支払う費用に関しても、弁護士費用は明確に決まっており、
相手から回収できた金額に対する一定のパーセンテージを報酬としており、かつ完全成功報酬型です。
よって、1人で悩むよりも弁護士に相談したほうがスムーズに事が運ぶケースが多いのです。
このとき大切なのは、保険会社から提示された弁護士ではなく被害者側で依頼をすることです。
保険会社と裏でつながっているケースもあるため、
自分に有利に事を運ぶためにも被害者の利益を考えて動いてくれる弁護士を探すようにしましょう。
例えば交通事故弁護士.XYZなど、実績のある弁護士がオススメです。



にゃんころりん